2010年08月27日

過換気症候群、過呼吸(パニック障害)は必ず治るよ!

過換気症候群と過呼吸

パニック発作の中でも過換気症候群、いわゆる過呼吸で死ぬ思いをした人はたくさんいると思います。
 
でも、結論から言うと、必ず治るものです( ̄^ ̄)
 
自信を持っていえるのは私が治ったからです。息のコントロールが潜在意識からできるようになりました。
 
息が乱れることは誰だってあります。
私のパニック障害や予期不安の体験談
私の過呼吸の体験談
 
自律神経のバランスが崩れたり、緊張したり、精神的に不安定になったり、不安に陥ったり、気持ちが飲まれたりすると、息が正常じゃなくなります (´ヘ`;)ハァハァゼェゼェ
 
そこで恐慌性障害とも言われるパニック発作が加わると、死ぬ思いをします。


何度も死の恐怖を経験しました。このまま苦しんで死ぬのかなと思っていました。何度も何度も。

とはいえ死にませんでした。

でも死への恐怖、絶望感と予期不安が増したことが何よりの心の傷になりました。

パニックの時の客観性と冷静さ
 
この「死なない症状」ということは強固に意識にたたき込んでおいた方がよかったです。

実際死ぬ訳じゃないですし、お餅をのどに詰まらせる方がよっぽど死ぬリスクはあるくらいです。
 
パニックの時に、ほんの1パーセントでもいいので、客観性を持つ訓練をしました。
 
「あわてることはない、苦しいけれど死ぬ訳じゃない、死んだ人なんかいないんだ」こう念じていました。
 
暗示みたいなものです。
 
そして、そのときにやっぱり1パーセントでもいいので、体の力を抜く訓練をして、恐慌的に高じる体の硬直性を防いでいました。
 
それが何度か続くと、次第にパニック障害に対する客観性をもてるようになりました。(^-^)
 
何事も訓練が必要です。(^^)/
 
でも、過換気症候群は必ず克服できるんです。
 
何度も何度もおそわれることはありません。

怖いのはどちらかというと予期不安や広場恐怖症の方です。さらにはうつ病の心配もあります。
 
呼吸法や暗示を入れていくことで私は治ることができましたから、ちょっとずつ訓練していってください。
 
人間は意外に適応能力があります!
 
大丈夫です。私でもできましたから、あなたも必ずできる保証があります!