2010年12月31日

パニック障害克服ブログ パニック発作時の客観視

私がパニック障害を克服する上で大変お世話になった岩波先生がいます。

岩波先生のホームページがあるのですが、そこに岩波の言葉・講演集というコーナーがあります。

たくさんの為になることばかり書いてあり、いつでも読めるので掲載してくれている先生には本当に感謝です!(._.)

そこに『パニック障害と自己客観視』というパニック障害に関する記事がありました!

私が昔このブログで書いた『
パニック障害克服 主観と客観』がありますが、もちろん岩波先生から心構えを教えてもらって、私はうまく適用できましたので、掲載しました。

それと同じ内容ですが、私というフィルターを通したのとはまた違う印象を持つかもしれないので紹介しておきます。

パニック障害と自己客観視


パニック発作にいつまでも負けてはいられません!(-.-#)

何としても打ち勝たなくては人生は明るいものになりません。

だから、パニック発作への対策を身につけなくてはいけないです。

自己客観視というのは、恐怖や不安に襲われた時に、とても重要でした。

それってマイナス方面の感情で、それに飲み込まれたら、どこまで堕ちていってしまいます。

そこに絶対必要な要素は、自分の置かれた立場状況を客観視するってことでした。

そうすると、すごく大変なことだと思っていたことが、実は客観的に見てみると、「確かに大変だけど、それほどでもないかも」と思えてきたのです!

そうなるとパニック発作がどんどん静まっていって、私は(他にも色々と克服プログラムをこなしたこともあり)パニック障害を克服できました。

悪い厄介な感情に襲われた時、客観的に自分を見つめてみることは、パニック障害に限らず有効だと思います。

岩波先生はすごく強い人ですが、そういうことができているから、不安を不安とも感じず、悩まないで生きられるようになったわけです。

岩波先生ほどパニック障害の心理についてよく知っている人はいないでしょうね。

先生も若い頃いろいろあったそうですし。

だから、ホームページにパニック障害克服のヒントが掲載されていて、とても嬉しかったです。\(^^@)/