2014年08月23日

炭の遠赤外線でパニック障害を克服!?



岩波先生のパニック障害や神経症の克服プログラム/セラピーでは、特にパニック障害の方は炭の遠赤外線で背中や首の後や肩、頭皮を暖められることがあるかと思います。


パニック障害は極端な話、無意識の心と脳と体が自動的にパニックを起こし、体が急激に硬直化し、さらにそれに呑まれて症状が加速度的に、死ぬ思いをするぐらいまで悪化させてしまう症状です(゜o゜;


岩波先生のもとに通っていたお医者さんのブログにも書いていますが、体の硬さは体調を著しく悪化させてしまいます。


パニック要因に直面→体の急激な硬直化→心が不安とパニックでいっぱいになる→さらに体が硬直化する→パニックが加速度的に悪化する→体がさらに硬直→心臓から息から血の気からあらゆる体がパニック状態へ→エンドレスかと思うほどの恐怖


このメカニズムがあります。


だからパニックに陥ったら収まるまでは地獄を見続けるしかないし、その予期不安でさらに体と心が身構え、常に戦闘態勢に入って、体が防衛本能で固めてしまう。


その硬さがパニックを起こしやすい心と体を作り、どこまでいっても終わることのない症状になるわけです。


私が常々体の緩みを作ること、脳に条件づけてパニック衝動を遠ざける必要性を言ってきました。


永遠の悪循環を断ち切るために絶対必要なことです。


でもその断ちきるには、よっぽど脳に緩みの条件を与えなければいけないわけですが、無意識や深層心理からその条件付けを岩波先生はしてくれます。


これはパニック症がに限らず、各心理的症状は必ず心理的負荷が体の硬直化をもたらしています。


身構えて症状に対向するしか悲しいかな、私達はできないし、そこで余裕を持って体をゆるめて症状を受け入れることなど個人の力では不可能です(それができたらこんなに苦しむことはないのだから)


ちなみにパニック障害に効果があると言われている向精神薬は、体の硬直化を緩める効果があります。


だからPDが収まる人は収まるわけです(他にも色々な要因がありますが)


ただしそれらの薬は非常に強いものなので、依存して手放せなくなったらどうなるかといえば、逆に体の硬直化を招いてしまいます。


そしてさらに薬が増えるわけです。


そういうメカニズムがあるので知らない人は飲み続け、薬の依存も危ないなと気づいた人は、薬をいかに飲まないかの戦いに入ります。


でも! 薬に慣れ切っている体は、薬なしにはもう体を緩めることができなくなっています。


そして減薬に失敗すると、以前の倍ぐらい薬を増やさないと、もう日常生活も難しくなるぐらいです。


以前の薬の量で外出できていたのに、もっと増やしてやっととんとんになるし、薬の飲み過ぎでの副作用でまた別の大問題が発生します。


薬は害ではないですが、薬害にまでなるケースはパニック障害にせようつ病にせよ社会問題化に先進各国でなっています。


そこで、私がやらせてもらった方法でとても効果的だったのが、炭の遠赤外線を使って、筋肉深くに緩みを作って、緩みを体と脳に味合わせるやり方でした。


岩波先生が使っていたのはなにわ香炭でした。


これはインターネットで買えると思います。


もともと香炭というくらいだから、体に使う用ではないので、やけどしないように注意してください。


これはかなり効きました。


香炭に火をつけて、背中や肩や首の後を距離をとって、遠赤外線を体に浸透するようにしばらく熱をあてます。


一人ではできないし危険なので、協力してくれる方にやってもらうとベストです。


体が固い人にとってはかなり熱いです。


でも緩んでくると浸透していく感じが出てくると思います。


黒焦げにしないようにここでも注意!


あつ、あつ、あつ、と思ったら次に行くといいと思いますし、種火の距離を体から離して調節してもいいです。


やり終えたあと、今までになかった体の芯からの緩みと久々に経験する硬直していない自分に気づくと思います。


ホッとしている自分、なんかパニックが遠のいた感覚を持つ自分など感じられるかもしれません。


岩波先生のプログラムでは、帰り電車で帰れないような人でも、一人で急行電車での帰れたという事例が多いそうです。


それは私も納得ですが、パニック障害の人ばかり通っているわけではないので、タイミングが合えばやってもらえると思います。


そんな人はラッキーですよ。


ただし女性の場合、背中を炭で炙ることをするかもしれないので、年頃の女の子はなかなか恥ずかしいです。


といってもセクハラとかそういうことはないですし、もし嫌なら首や頭皮、肩だけでもやってもらったらいいともいます。


家でも協力者がいれば背中を炙ってもらえますし。


岩波先生は別に女性の背中が見たくてやっているわけではないのでご安心を。


とても女性にモテる色気とオーラのある先生ですし、散々見飽きていると言ってます(笑)


まあ私は背中もやってもらいましたが(笑)、そこは自分の選択ですから好きにしてください。


これも一つのトランス状態で暗示や悩み処理をする以外での、脳の緩みの条件付けになります。


あのほっとした感覚をどんどんトランスでも引っ張り出し、脳に刻み込んでいくことで、体の急激な硬直化の衝動が遠のいてくれます。


いつもと違う感覚を味わえたら、その時点で悪循環の輪っかがほころび始めている証拠です。


遠赤外線はパニック障害にはとてもいいですよ!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。