2014年10月17日

無意識からパニック障害の発作の条件反射を完治できました

自分の意志ではコントロール不可能な無意識

パニック障害は無意識の一番深いところから突き上げる条件反射をどうするかが解決の鍵となります。

私は条件反射を止めることができたから、現在、パニック障害とは無縁の快適な日々を送れてます(^O^)/

私もパニック障害時代、ありとあらゆる方法で、発作が起きないように努力してきました。

でも、今から考えたら無駄な抵抗ばかりしてました。

どうがんばっても無意識に手が届かないというか、もう一人の私をなだめたり説得することが無理だったからです。
その無力感は私をうつ状態にしました。

ほんとうに疲れ果ててしまい、何もかも考えるのが嫌でした。

考えても将来への不安と絶望しか出てこなかったからです。

薬の副作用で頭はボーっとするし、重いし、霞がかかった状態でも、不安は強く出てしまって、精神科医にそのことを告げたら、やたら精神安定剤を多く出されて、「このままじゃだめだ、薬漬けになってもっと未来がなくなる」と恐ろしくなりました。

それでも治る方法なんか見当がつかなく、ひたすら引きこもって悩んでいました。


反射的に起こるパニック発作に為す術がない

いっくらパニック発作が起きないように念じていても、ピッとスイッチが入って恐怖の脳が作動したら為す術がなくなります(*_*;
パニック発作時に焦るともっと症状が悪化して止められなくなりますよね。火に油を注いでしまいます。

なので焦らないようにしよう、不安を必要以上に持たないようにしよう、死ぬことはないのだからおさまるのをただ待とう、とは思ってました
だけど、パニック発作の苦しさははるかにそれを超えてしまいます。

そんな冷静さなんて持てるわけもありませんでした。
急激な動悸、吐き気、めまい、やっぱり死の恐怖、死ぬまではないかもしれないけれど永遠続くかもしれないこのきつい発作、過呼吸になりまともに酸素を取り込めずに意識がどんどん朦朧としていく感じ、悪寒、これらのことは有無をいわさず私を襲いました。

こうなったら普段からの言い聞かせ(自己暗示)なんてまったく効果がなく(後々脳が緩んできてパニックの衝撃を受け流すことができるようになり、発作の中でもある程度冷静に対処はできるようになりました)、パニックがパニックを呼び、恐怖心が突き上げてきて、完全に脳を支配されてしまいました。

まわりの人間は私の発作にびっくりして固まるし、介抱してくれる人もただうろたえてしまっていて(それでも有りがたかったです、ありがとう、本当に)、私は発作を抑えようとするけれど一向に収まらないで、さらに焦りが入る悪循環でした。

自分がどうにもできない怖さ、情けなさ、何より現状の発作の苦しさで、今から思えばパニックをさらに助長してしまう思考に完全に乗っ取られてました。

もっと根っこの無意識から解決しないと・・・・

これも全て原因が、パニック発作が起きうる場所で、脳と心が条件反射としてスイッチが入ってしまうことに原因があるわけで、理性的などんな働きかけも全く意味がなくなります(ToT)
いっくら発作が起きないように念じたところで無駄です。無意識に届きません。
もう根性や信念の問題じゃないんです。

私も一番生命的な原点である本能がそう作動してしまうからどうしようもなくなる。

本能にはどんな理性も勝てないし、なおさら恐怖感にはどんな落ち着くための行動も逆に恐怖を助長させてしまうんです。
もはや脳の原始レベルで起きている問題です。

それをわかっている人はおそらく潜在意識とか無意識へ誘導されて暗示を入れて治していく方法を模索すると思います。
単純に薬を飲んで発作を止めて、いつか止む時を待つ人もいるでしょう。

ヨガをやったり体に気持ちいことをたくさんして、リラックス状態を作って発作を起きにくくしたり、漢方を飲んだり、前世に問題?があるとか悪霊に憑依されていると疑って(そうとしか考えられないほど追い詰められます)ちょっとあやしげな方法にすがったり、とにかく抜け出すためにはどんな行動もいとわないほどですよね。
ただどの方法も条件反射を止めることができないほど、問題の根っこは深いです。

なんせ相手は本能が相手だから(*_*) 無意識とか本能は人間の最も強いエネルギーを持っていて、そこがトラブってしまって、私は為す術なしになりました。

無意識や本能の段階で治す方法もあります

だけど反射神経のスイッチ作動を発動させなくする方法はあるし、発作が起きそうになった時も自分に言い聞かせて止めることができます。

これについてまた書いていきたと思いますし、私の過去のブログにも書かれてあるかもしれません。

この方法で私はパニック障害を短期間で完治できました。

克服のための努力は、どこでするかがとっても重要です。

自分の無力を感じることはないです。落ち込まないでください。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。