2009年10月17日

パニック障害と精神科の薬

パニック障害と鬱病の薬について

パニック障害の薬で、デパスやパキシル、ルボックス、デプロメール、ジェイゾロフトなんかがあります。

パニック障害の薬だと最初、てっきり思っていたけど、抗うつ剤を出されていたわけです。

パニック障害専用の薬ってないのかな?

抗うつ剤がパニック障害に効果的っていうから、出しているらしいけれど、パニック障害はついでかい!--#なんて思っちゃいます。

調べると強迫性障害の薬も抗うつ剤を出されるらしいですね。

抗うつ剤の副作用の問題がどんどん高まっている中で、パニック障害の薬が出た!となれば、PDの人に朗報ですよね。

予期不安を抑えるために、デパスみたいな抗不安剤を出されるのはわかりますけどね。

posted by パニプニ at 15:32| Comment(0) | パニック障害と精神医療の限界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。