2009年11月11日

パニック障害の人向け呼吸法(岩波先生心理療法のトランス呼吸法について)

パニック障害と呼吸の関係

パニック障害の人にとって、呼吸の乱れは重大な問題ですよね。


過呼吸、過換気症候群がパニック障害の症状になってる人もいますし、呼吸は自律神経と密接に関係しています。

私も呼吸の乱れ、過呼吸、息苦しさ、それによる死への恐怖感にも苦しめられてました。

胸の圧迫感、血の気が引く感じ、窒息感、体の硬直、恐慌状態、発狂しそうな不安感、ものすごい汗、背筋が凍るほどの恐怖感、どうすることもできない絶望感、孤独感、焦燥感、それらが私の全存在に襲いかかってきました。


そんな私が岩波先生の評判を教えてもらい、心理脳内プログラムを受けることになりました。

結果的にそこで完治に至りましたが、そこでやる呼吸法はとっても大事ですので(とくにPDの人は)体験や注意点を書いていきたいです。


トランス呼吸法について

心理脳内プログラムの中の『神経症克服プログラム』に参加するにあたって、呼吸が乱れやすい症状を持つ私が、はたして岩波先生の呼吸法(トランス呼吸法というらしい?)ができるかどうか心配でした(゚ペ;) (体験記をこちらに書いてます)


特に強い呼吸法というのがあって、連続的に強くはき続けるものが、心配でした(..;)。

人のを見ても、よくそんなに強く吐き続けられるな〜と感心しつつも、私には無理! と思いました。それだけで恐怖みたいな。

そんなことしたら、過呼吸に陥ってしまうんじゃ? 発作が起きたらどうしようという不安です。

そのような呼吸法をしていた人の多くが社会不安障害とか鬱病だったけど、私の場合はパニック障害、過換気症候群で事情が違っていました。

でも、過去にたくさんパニック障害の人が心理脳内プログラムを受けて良くなっているわけで、現在もPDの子もたくさん来てました(悩み系は社会不安障害の比率が一番多いと思います)。

何か別の呼吸法があるのか、この強い方法をやらないといけないのかわかりませんでした。

でも、PDの人は安心してください。

最初は強い呼吸法も、押し出すように強く長く吐く呼吸法もやらせてもらえませんでした。

やっぱり気をつかってくれたんでしょうね。(・-・)

何度か小集団で心理セラピーを受ける機会があり、私だけはゆっくり吸って、ゆっくり吐き出すことだけをやってました。


みんな気合いを入れているのに、私だけ申し訳ないみたいな・・・・

家でも弱い深呼吸のようなやり方だけをやるように言われてました。

一緒に参加した人はかなり進まれているらしく、心底うらやましかったです。

呼吸もよくあんなに吐ける! って感心しちゃうほどの達人でしたし、ものすごく気持ちよさそうな感覚に浸っているのを見ると、こうなったら私のパニックも治るんじゃないかしらとうらやましかったです。

本人はまだまだと謙遜してましたが、不安の症状もかなり改善されているご様子で、通う前より全然いいと仰ってました。

私も強い呼吸法を早くできればいいなと思いつつも、家ではゆっくりゆったり呼吸だけをしてました。あとはストレッチをかなり入念に続けました。

量を増やして、最低二時間半をとっていました。癖になると止まらなくなりますから。(だからといって、ご自分のペースで進めてください。焦りはよくありません)

ゆったり呼吸法しか知らない私に、一人の時の強い呼吸法はちょっと恐怖があって、抵抗感もありましたし、ためしにやってみた時、まだ体が堅いこともあって、長続きしませんでした。

強い呼吸すら吐くこともできず、過呼吸にならないぐらいレベルでした(__;)

最初から心配して損した! 強い意識すら満足に吐けないのは体がパニック障害と予期不安によってガチガチに緊張して凝り固まっているからでした。

岩波先生が言うには、ゆったり呼吸をちゃんとやってくれば、過呼吸にならず強い呼吸がいずれできるようになるとのこと。

今はストレッチとその呼吸をよくやってきて、と言われました。

まあ、最初はこんな私でしたが、今じゃ自分でもビックリの過呼吸に陥らない強い連続的な呼吸法ができるようになってます。


でも、長くなりそうなので今日はこれまでにしておきたいです。

呼吸法をマスターすればパニック障害は治る!

パニック障害も、過呼吸への恐怖もすべて思いこみによるものです。


そうじゃないんだ、そうなる必要ないんだと思えたらパニック障害も治っていきましたし、過呼吸にならないんだという安心と自信が、私の呼吸法を進展させてくれました。

岩波先生の呼吸法で、私はいろんな体験をして、その中から自分への自信と、パニック障害克服の手応えを得ることができました。

克服できたのも呼吸法だけのおかげじゃないけれど、潜在意識と向き合うことができるこの方法は、とっても大きかったです。


パニックの原因が潜在意識にこびりついているなら、潜在意識を意識上に表出させることが克服におけるキーポイントでしたから、そのためにトランス呼吸法をやることはとっても大事なことなのです。

その呼吸の成果を先生が何十倍にもして、脳に定着させてくれます。

抑圧も取り除いてくれました。

おっと、補足が長すぎました(^_^;)
 

 


それでわ(^_^)/~

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。