2009年12月04日

過換気症候群と過呼吸 パニック障害のルーツ分析

過呼吸の恐怖

私の様々なパニック障害の症状の中でも、死の恐怖や予期不安を最も感じたのが、過呼吸になって死にそうになった時でした。

過度のストレス負荷がかかった時、過呼吸になってしまいました。

でも、一度過呼吸になったからと言って、その後過呼吸が起きない人もたくさんいます。( ・_・;)

でも、パニック障害になってしまう人は、過呼吸が一過性で終わるのではなく、予期不安を伴い一生ついて回りかねない状況に陥ってしまいます。そうなったらもう惨劇に近いです!

そこが過換気症候群になるか、「体調が悪かったからたまたま」で終わる人の違いです。

過呼吸やパニック障害になりやすい人

私も自分のパニック障害や過呼吸についてルーツ分析をしましたが、過換気症候群になる人は、そのベースになってしまうだけのストレスや不安に苛まれて生きてきた人だと思いました。

性格的に、直情的にガーっといってしまうタイプの私は、不安を自分で増幅させて、抱えきれないほど大きなパニックにしてしまいました。(__;)

自分を追いつめてしまう力がすごく強い人間です。それが前向きに使えたら良かったのでしょうが(パニック障害の有名人は前向きにその力を使って来た人だと思います)

人の不安が10感じていたら、私は10の不安だと感じればいいのに、100,1000まで高めてしまう人間です。突っ走るのもそうだし、不安に感じるのもそうです。

ただの息苦しさ、呼吸の乱れ、自律神経の乱れですめばいいものを、過換気症候群・パニック障害にまで高めてしまうなんて!

だから恐怖体験も、やっぱり100,1000まで増幅させてパニックになっちゃいます。死の恐怖です。そのこと自体がトラウマになり、どんどん積み重なっていきます。


パニック発作というトラウマ

トラウマがあってPDになる人、それほどじゃなくてもなる人といるかもしれないけど、パニック発作は確実にトラウマになります!

私はパニック障害になりやすい人間だったんだと思えただけでも前進できました。 


こう分析していったら、予期不安が出てしまうの無理からぬことだな、と納得できました。(^_^)

こういう一つのことにガーっと行ってしまう人は、プラス方向につかったら、大きな成果を上げられます。建設的な感情と結びつけば、怖い物なんかない!?

心からの気づきがパニックを終息させる

自分の内向きにマイナスで使うと、パニック障害になっちゃいます。不安や恐怖が伴うため、無意識の部分で症状が起きるため、自力での脱出は困難になってしまいます。


マイナス方向に自分の特性を使ってしまうにも、その人だけの人生のルーツがあるわけで、なぜ悪循環にはまる生き方をしてしまったのか、どんどんさかのぼって分析していきました。

そこで得た結論は「実態の恐怖は少ししかないのに、自分で勝手に増幅させてきた」ことへの気づきでした。

「なーんだ、実態はこれだけしかなかったのか・・・・」

なんか気が楽になった気がしました。ヾ(^v^)k 同時に私がマイナスに物事を捉えざるを得ない理由もわかりましたから。やっぱり原因は自分の人生にあるのですね。

私のこの特性をプラスに使いたい、私ならできるはずと言い聞かせました。

そういえば、昔プラスに使えたいた時、大きな成果があがっていたよね、なんて思い出してみたり。

やっぱり問題は私の感じ方にあるだけなんだ。

この納得がパニック障害や過呼吸克服に大きな一歩になりました。


最初は小さな気づきですが、結果的に大きな進歩です。

パニック障害の実態は、実は小さいこと、それを大きくしているのは自分の考え方ととらえ方。

でも、その認知の歪みができたのも、それまでの様々な出来事の積み重ねで、ならざるをえなかっただけです!

だから、パニック障害は必ず克服できるものなんです!!(^^)!

自分の無意識の動きを知ろう!


誰かが言っていました。原因を特定した時、半分は悩みの解決となっているって。

理由もわからず恐怖や不安に脅され続けていくよりも、なぜ自分に恐怖や不安が襲いかかるのか、引き寄せてしまうのか、整理してから、悪循環は止まっていきました。
この記事へのコメント
パニック障害で管理人さんと同じ先生にお世話になっています。
最初強く吐く呼吸が恐怖でした。
過呼吸の経験があるためです。
でも、過呼吸って私自身が勝手に作り出していたにすぎないとわかり、それからは安心して強く吐く呼吸法ができるようになりました。
そのおかげもあって、先生の暗示にも深く反応するようになれました!
本当のパニックの実態は小さいものなんだと最近わかってきました。
管理人さんの書いていることがよく解るようになりました。
ってことは、管理人さんのようにパニック障害がよくなると希望を持てました。
これからもご活躍楽しみにしています。
Posted by eene at 2009年12月15日 18:42
45歳の主婦です。今、心療内科へ10年近く通っています。中学2年の頃から悪かったらしく沢山の薬を飲んでいますが、この頃半分ほどに減ってきました。しかし、6年ほど前からはじめは咳きがひどくなりそれが止まらなくて胸の痛みが強くなると手足の指が閉じて次第に全身が丸くかたまり全身発汗して呼吸も少なくなり救急車を呼ぶことになるのです。しかし特に悪いところはなく2〜3時間でおさまり帰ってきます。それが酷い頃は年に5〜6回で徐々に治まっていました。今年の春、頼りの綱であった主人は転勤長女は大学でアパート暮らしになり、今は次女と隣りの実父母だけとなりました。去年一度救急車で運ばれた時、とても田舎な市にある一つだけの総合病院の救急処置室で医者に「この人前にも見た事があるな〜。まあ放っておけば治まるだろ」と言われ苦しくて涙もでませんでした。看護婦の必死の頼みでソリタだけ点滴してくれましたが次の日3kgも痩せていました。この前同じように硬直してケイレンまでおきてしまい父が怒ってやっと何か違う点滴をして落ち着きました。主人も心配でもっと都会に出て正しい病名や薬や治療法を探そうということになったのですが、今の心療内科を探すまでにもいろんな医者に会い、しまいには家庭裁判所でも行ったらとまで言われて発作的に手首切ってました。医者が怖いのです。過呼吸もパニック障害もよく似た症状です。早めにワイパックスなどを飲んでもそれが利く前にもう症状は悪化し間に合いません。でも病院に行きたくないのです。原因は隣りの実父母なのはハッキリしているのですが逆らう事はできません。こんな状況でも自分で克服できるのでしょうか?
Posted by mami at 2010年06月13日 17:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。