2012年09月22日

パニック障害による乗り物恐怖症体験記と克服体験

社会人になってから、混んだ電車に乗ることが増えました。

パニック障害の人にとって、電車を始めとする乗り物は恐怖と不安の対象です(*_*)

いつあの苦しいパニック発作が起きるか、大学生の頃、ヒヤヒヤしながら乗っていました。

私が苦しむだけならまだいいです(それも嫌ですが(T_T))

周りの乗客や乗組員の人にも大変な迷惑をかけてしまう恐怖感で、電車恐怖症、乗り物恐怖症になってしまいました。

パニック障害の真っ最中、各駅停車の電車にのることすら精一杯で地獄の毎日でした。

普通にみんなができていることができないんです!

これは悔しかったです。

自分が情けなくて、思い出すだけでも涙ですし、現在苦しんでいる人のことを思うと、胸が痛みます。

現在、私は急行でも特急でも新幹線ののぞみでもへっちゃらになりました。

まー、痴漢行為さえなければ、電車もいいものです(#・∀・)

でも、いきなりなったわけではありません。

東海道新幹線ののぞみや長距離高速バスは最後まできつかったです。

でも、各駅停車からだんだんならしていって、パニック発作が起きないときの安堵感と喜びを得て自信を得てから、次に快速、急行列車へとチャレンジして行きました

やっぱり予期不安が大変なものでした。

やってみなくちゃわからない。

ヘタしたら電車を止める恐れになるかもしれない。

これを考えるだけで、顔は青ざめ、動悸も激しく、冷や汗タラタラでした。

胸も締め付けられ、息苦しくなっていくし、胃腸もキリキリ痛みました。

ガンガン頭痛もしてくるし、チャレンジするときは大変でした。

岩波先生からは、「もう今日、快速に乗れるよ」と言われましたが、私には実績がありません。

岩波先生がいくら達人の域に達する心理・脳内コンサルタントだからといって、快速に乗れた経験がない私からすれば、そりゃあ、予期不安はすごくなるのは当たり前です。

でも、先生の言葉を頂いて、チャレンジしてみました。

すると、意外に冷静に(でもドキドキしたり、冷や汗を流しながら)乗れました。

「え、意外・・・・」「緊張しているけれど、乗れないほどじゃない」「まだまだ粘れそうだ」という思いでした。

結局、何度もブログで言うように、自分で限界を決めてしまっているわけで(まあ、パニック障害で限界が作られてしまうわけだけど)、それは思い込みなんだと思えたことが、次につながっと思います。

何度も快速、急行にチャレンジし、その都度、緊張しながらも、「あ、大丈夫だった」と繰り返し、距離を稼いでいったのです(^o^)

はじめて、自分の心と体に対して、失っていた自信を感じました。

最初は小さな、でもしっかりと脈打っている自信でした。

これが私のパニック障害克服のとっても大きなエネルギーになってくれました。

行きたくても行けなかった長距離の旅行にも友達と一緒にチャレンジしてみてました。

そして二泊三日に及び私の大冒険(笑)を無事終えることができたことに、大きな自信を得ることができました。

私も人並みにできるんだという自信です。

その時、私にはもう怖いものなんてない!!なんて、心が大きくなってしまったほどでした。

それぐらい嬉しかったです。

その旅行は長距離高速バスあり、新幹線あり、ロープウェイ(汗)あり、のサバイバル体験でした。

私のパニック発作でみんなに迷惑をかけてもいい、という強い覚悟の元、結構しました。

いや、みんなに迷惑をかけてナンボだ!!! と(・へ・)

この考えはとても重要です。

どうしてもパニック障害になると、どんどん萎縮していきます。

自己否定感も強くなりますし、でも、それじゃあ、身動きが取れなくなって、部屋からすら一歩も出られなくなってしまいます。

私もそんな経験をしました。

でも、岩波先生から、強く生きるための考え方、生き様を教えてもらい、パニック障害の起こる根本のメカニズムの処理をしてから、次第に私にかつて合ったはずの主体性と積極性が戻って来ました。

最初はその考えに至ることは難しいです。

いや、簡単にできたら、それこそ、みなさん今頃パニック障害克服になっているでしょう。

いまはこの私の体験記は遠い話に聞こえるかもしれませんが、私も岩波先生のところでパニック障害が良くなった人の話を聞くと、「え、そんなの無理」だと思い込んでいました。

でも、「今は無理でも、必ず将来できるし、してみせるんだ」と思い直し、克服に必要なことに励んだつもりです。

それがいい方向に脳みそが変わってくれて、パニックの脳みそが変化していってくれたんだと思ってます!

いまでは、大学時代は決して書けなかった『趣味:海外旅行』が、あたりまえのようにできるようになっています。

飛行機恐怖症でもあった私が、ハワイやバリ島にも行けるようになっています。

綺麗な海を見て、楽しんで、心を洗うことが、逆にますますパニック障害の記憶を脳から洗い流していってくれているようです。

人間、うまくいかないときはいきません。

でも、ちょっとでも好転すると、今度はいい方向に転がっていきます(^_^ )

最初は変化をさせるのも大変だと思いますが、希望だけは捨てないでください!

パニック障害だから・・・・と諦めることが一番もったいないです!

少しでもできることからチャレンジしていってください

今も苦しんでいるパニックを抱えている皆さんに、楽しんでいる話をブログで書くことに引け目を感じることもありますが、お許し下さいm(_ _)m

でも、私も同じ経験者です。

私にできることは誰にだって可能なはずです。


この記事へのコメント
初めまして。
私は震災の被災地の者なんですが、震災後、急にパニック障害がなくなりました。でも今日駅着いたとたん、動悸と吐き気が襲ってきて、トイレに駆け込むまで何度もなりました。一人になると落ち着きますが、トイレから出て人混みを見たとたん、身動きがとれなくなりました。
またパニック障害だって思いました。
明日から怖いです
Posted by ちか at 2012年11月07日 21:06
初めまして。
私は震災の被災地の者なんですが、震災後、急にパニック障害がなくなりました。でも今日駅着いたとたん、動悸と吐き気が襲ってきて、トイレに駆け込むまで何度もなりました。一人になると落ち着きますが、トイレから出て人混みを見たとたん、身動きがとれなくなりました。
またパニック障害だって思いました。
明日から怖いです
Posted by ちい at 2012年11月07日 21:06
はじめまして。

私もパニック障害です。

でも 病名が分かるまでに10年はかかりました。

今は パニック障害の治療を受けながら 平日の午前中パートをしています。

土曜日には趣味の時間も持ちます。

でも 電車が苦手です。 各駅停車で一駅か二駅位でドキドキして来ます。

『帰りも電車に乗らなくちゃ』と思うと それ以上はまだ挑戦出来ません。

普段は自転車通勤なので電車に乗る必要は無いのですが、電車が苦手な状態が辛くて、体調の良い平日の昼間などに挑戦しています。

電車に乗れるたび ご褒美を買っています(笑)。

現在 中学一年生の娘がいます。 娘の高校進学の為に来年には 電車などで下見に行ってあげたいのです。

私は主人の車だと いくらか安心なので、もし 電車が無理なら車 という方法もありますが…。

自分が病気だということは 受け止めていますが 他の人が出来ることが出来ないのが とても辛いです。

現在は 海外旅行にも行かれている ということで とても勇気が沸きました!

私にもそんな日がやって来ると信じたいです。

自信が持てたと思ったり 無くなってしまったりなのですが…。

長々とスミマセン。
誰かに聞いて欲しかった事を一気に書いてしまいました。

読んでいただきありがとうございます。
Posted by さちえ at 2012年11月18日 21:04
初めまして! 拝見して すぐ、コメント入力してますが、頭の中では言葉がまとまってませんが、私は 出産手前で 妊娠中毒症になり入院し、刺激が無い様に昼間もカーテンを閉め、夜は洗面台の小さな灯りで、もちろん、テレビなんて視てはいけない状態で、出産をむかえました。子供は無事に産まれ来てくれ安心しまさたが、まだ私の状態が落ち着かないとの事で、10日程、その暗い部屋で面会謝絶。不安なので 看護師さんに状態をたずねるも「大丈夫ですよ」とだけ。
ほぼ一日中 1人きりなので 色々な感情がめぐる体験をし、退院して安心してから間も無く 酷い過呼吸で 本当に死ぬのではないかと思う日々を。
母親をはじめ沢山の人に助けられ、もう1人 子供も授かる事ができ、パニック障害歴(過呼吸)16年になります。
この間に外出できない時期もありましたが、子供の成長と共に忙しくなり どーにか紛らす事もでき自信がついた時もあるが、また、酷い発作を連日おこす…の繰り返しです。
もともと、スポーツが好きなので太極拳やバレーボールをやれる様になりましたが、激しく動くど皆とは違う 肩でする息づかい、息切れをし続行できない…っと、自分なりに上手く付き合うしか無いと開き直り的な行動、思いです。
治る事はないんだろっと。
でも、治るスベがあるのなら 治りたい‼

心療内科に もちろん、かかってますが、薬(レキソタン、ソラナックス)を頓服で。
後は、「大丈夫ですよ!自信をもって」と握手。

悩んでいても 毎日すごさなきゃいけない!

自分なりに完治に向かってやってるつもりですが安定しずらい!

永い歴なので まとまりの悪い長文になりましたが、こんなに慢性化⁉した過呼吸症候群にも完治する可能性はあるのですか?

治りたいです。
Posted by OCET at 2013年07月17日 10:10
初めまして!
四月から働き始めてからストレスでパニック障害を発症し、現在休職中の者です。
克服に至ったまでを読ませていただきましたが、読んでいる間は、とても前向きな気持ちになることが出来ました。
毎日苦しいし、落ち込んでばかりですが、現在は克服されて遠出出来ると書いてあって、私は少し勇気をもらうことが出来ました(*´ω`*)

いろいろと勉強させていただきます🙇
Posted by お湯 at 2017年05月21日 20:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。